そるちゃんねるの顔や声出しは?仕事や年収についても詳しく!

小さな子供に大人気のYouTubeチャンネル「そるちゃんねる」

「はたらくくるま」や「トミカ」、「アンパンマン」など、子供たちが好きなおもちゃの紹介や、それらのおもちゃを使った遊びの動画などをあげています。

そんなそるちゃんねるについて、

イケ
イケ

顔や声出しをしているの?仕事や年収も知りたい!

なんて疑問をお持ちのアナタのために、そるちゃんねるの顔や声出し、仕事や年収について調査・まとめました!

そるちゃんねるの顔は?

そるちゃんねるは、今のところ動画で顔出しをしていないようです。

しかし、胸から下が映っている動画は見つかりました!

こちらは「ホットウィール」というミニカーを紹介した動画です。

こちらから、そるチャンネルの投稿者は男性で間違いないようですね。

そして、一緒に登場しているのは息子さんのようです!

ふたりとも衣装が紺色でそろっていて、とても仲が良さそうな雰囲気がしました。

また、息子さんの年齢が分かるツイートがありました。

こちらが2021年5月の投稿ですので、現在は小学3年生です。

そるチャンネルが、「小学3年生の子をもつお父さん」だというところまでは推測できますね。

息子さんのことなども考え、顔出しは控えているのかもしれませんね。

動画を見ていると、「子供と遊ぶのが好きな、優しい方」といった印象を受けました。

全くの推測ですが、優しい顔立ちをしているのかも?

そるちゃんねるの声出しは?

そるチャンネルでは、動画でその声を確認することができます。

まるで保育士さんのように、優しい話し方ですね。

声のトーンは、意識して少し高めにしているようにも感じました。

子どもたちが見ることを、とても意識して話しているのかもしれませんね。

また、動画の初めと終わりに聞くことができる子どもの声は、おそらく息子さんの声ではないでしょうか?

そるチャンネルでは、「声無し」の動画を出していることもあるようです。

こちらの動画は声での解説はなく、映像だけで楽しめるようになっていました。

「音や言語が無くても楽しんでもらえるように」との思いのようです。

実際に動画のコメント欄には、日本語以外のコメントをたくさん見ることができます。

海外にも視聴者がいることは間違いなさそうですね!

おそらく言語の壁を作らず、「海外の方にも楽しんでもらえるように」と、動画を制作しているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

そるちゃんねるの仕事は?

現在、そるちゃんねるは「UUUM」所属のYouTuberです。

そるちゃんねるがUUUMの所属になったのは、2017年のようです。

息子さんがいることを考えると、UUUMに所属する以前はYouTuber以外の仕事をしていた可能性は高いのではないでしょうか。

ですが、登録者数100万人を超えるそるちゃんねるです!

YouTubeの収入だけで十分な収入を得られると思いますよね!

また、更新頻度も高いので、企画や撮影・編集など作業量はかなりのものではないでしょうか。

他に仕事をしているという情報はありませんでしたが、他に何か仕事をしていれば、今後情報が出てくるかもしれないですね!

そるちゃんねるの年収はどのくらい?

先ほども紹介しましたが、そるチャンネルの登録者数は100m万人を超えなんと102万人!(執筆時)

これほど多くの視聴者がいるそるチャンネル、いったいどのくらいの年収なのか気になりますよね!

そこで、そるチャンネルの推定年収に関する情報を集めてみると、、

・2,363万円

・3,023万円

・4,337万円

という情報がありました。

これらの平均を出してみると「3,241万円」ということで、そるチャンネルの年収は「3,241万円」と予測してみました!

もちろん、YouTuber以外の仕事もしている場合は、その年収追加されることになります。

そるチャンネルが開設されたのは2016年7月10日。

6年以上もチャンネル運用を続けるのは、大変な努力が必要だったのではないでしょうか。

ちなみに、そるちゃんねるが獲得した総収益は「1億を超える」という情報もありました。

この億超えの情報には驚きますが、チャンネルの人気の高さを裏づける数字ともいえるのではないでしょうか!

スポンサーリンク

まとめ

・今のところ顔出しはしていない

・声については動画で聞くことができる

・現在はUUUM所属のYouTuberであり他の仕事については不明

・推定年収は「3,241万円」くらい(?)

今回は、そるちゃんねるについて以上のようなことが分かりました。

現在は日本の視聴者だけでなく、世界に目を向けて動画作りをしているようですね。

このチャンネルの動画を夢中になって見ている子供たちが、世界中にいるのかもしれません!

今後の動画も楽しみにしましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。